Amazonギフト券買取の情報館

携帯キャリア決済を90%以上で現金化

キャリア決済、Amazonギフト券の即日現金化の換金方法

携帯キャリア決済(及び、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、  ソフトバンクまとめて支払い)の現金化する方法を詳しく解説します。 アマゾンギフト券を換金するなら買取が90%以上の即日振込店で

Amazonギフト券売買の法律

      2016/03/24

「アマゾンギフト券買取の法律」

PAK85_omocyanotecyou_TP_V

ギフト券を売買するためには、古物営業法という法律が関連しています。
Amazonギフト券という形で販売されているものを、業者の方が買取をする場合は、古物扱いとなってしまいます。
そのため、買取の出来る資格が必要となっており、古物商の資格を持っていないことには買取が出来なくなっています。

「Amazonギフト券は、古物?」

Amazonギフト券というのは、金券と同じ扱いになっていますから、古物という視点で扱われることとなります。
法律に違反すると、当然罰せられることとなります。
悪徳業者が採用している手段として、メールによる送信を要求していることが多いのですが、
実はメールタイプが対象外になっていることが多いです。

「メールタイプのAmazonギフト券の法律」

Amazonギフト券は、販売されているタイプもあれば、メールによってコードを送信するものもあります。
券として販売されているものなら、古物営業法の観点で管理されることになり、
この法律に違反していると判断されれば、業者は罰則を受けることになってしまいます。
しかし、メールタイプの場合はそうではなく、対応されることがありません。
メール形式でコードを送信しているものは、この法律が作られてから登場したものであり、
その時点では存在していないパターンとなっています。

「Amazonギフト券悪徳買取業者」

古物営業法については、その時点であると思われているものは対応できますが、
メールのコードについては対応できない問題点を抱えているので、悪徳業者はその隙を狙っているのです。
コードを送ってくださいというのは、こうした理由があるからです。

「Amazonギフト券売買の際に法律の観点から身分証明書」

法律では、身分を証明することが求められており、買取をする人については、身分証明などをしっかり送らなければなりません。
送らないまま買取をするのは、法律に違反していることになり、これも罰金扱いになってしまいます。
Amazonギフト券は、金券同様の買取方法を採用しなければなりませんから、その人は身分証明をしっかり出さなければならず、出来ないのであれば買い取りは実現されません。
法律については、Amazonギフト券を正しく買い取れるかどうかに関わっているので、
とても重要なものとなっています。

「アマゾンギフト券買取サイトの古物商許可証」

当然守っている業者が大半であり、買取をする際は古物営業法に基づいて、しっかり情報の開示を行っています。
これがされていないことは、悪徳業者の可能性が高くなり、売ることのリスクは非常に高いこととなります。
安心して買取をしたいと思っている人は、Amazonギフト券を正しい方法で買取しているところにお願いします。

 - アマゾンギフト券コラム