Amazonギフト券買取の情報館

携帯キャリア決済を90%以上で現金化

キャリア決済、Amazonギフト券の即日現金化の換金方法

携帯キャリア決済(及び、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、  ソフトバンクまとめて支払い)の現金化する方法を詳しく解説します。 アマゾンギフト券を換金するなら買取が90%以上の即日振込店で

クレジットカード現金化は、違法行為

   

「Amazonギフト券は、現金化ではない」

クレジットカード現金化違い金利違法行為規約に反していないので
大手サイトのAmazonでギフト券の購入が出来ます。
クレジットカードの現金化は、違法なクレジット決済をするので日本クレジット協会でも注意喚起をしています。
「カードの現金化は、違法行為・規約違反」

freee151108559220_TP_V

クレジットカード現金化は簡単に現金を手に入れる事が出来る、非常に便利な方法です。
しかし、このクレジットカード現金化は本当に大丈夫なのでしょうか。
違法ではないのでしょうか。
これからその点について説明させて頂きます。

「クレジットカード現金化について」

JSK542_manken_TP_V

クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠を使って物を買い、キャッシュバックを受ける方法です。
当たり前ですが、カード会社はそのような目的の為にカードを使うことを認めていません。
この点で確実にカード会社の規約に触れます。

そしてカードを使って業者にキャッシュバックをしてもらうということは、
業者に現金を直接もらうわけですから、カード現金化業者は実質的に金融業者とみなすことになります。
カード現金化業者を金融業者とみなすと、お金を借りる(キャッシュバック)ことによる年利(金利)は数百%です。
これは出資法や利息制限法で定められている上限利息を超えているので、明らかに違法です。

そしてカード現金化業者は金融業者としての登録をしていないのに客にお金を貸しているわけですから、
この辺も法的に怪しいです。

カード現金化業者のやっていることは商取引で金融取引ではないという考えもありますが、
その場合でも合法と違法の間、グレーゾーンになります。
どちらにしても違法性がないとは言えません。

「換金目的でのクレジットカードの使用」

freee151108388688_TP_V

では、自分でクレジットカードを使って新幹線の回数券などを買い、
それを金券ショップやオークションなどに売った場合はどうなるのでしょうか。
これも違法なのでしょうか。
実は、この場合は違法ではありません。
現金にするために扱う商品によっては条例や法律に引っかかる恐れがないとも言えませんが、
基本的に自分で物を売り買いする場合は違法性はありません。
ただしカード会社にばれたら間違いなくカードを止められるので、
個人でカードを現金化する場合でもクリーンな取引ではないことは確かです。

「カード現金化業者の種類」

ちなみにカード現金化業者にはどうでもいい品物を買わせて、
その代償としてキャッシュバックを行うキャッシュバック型と、価値のある商品を買わせた後に買い取る買取型があります。

この2つのうちキャッシュバック型の業者の中には、
出資法違反で逮捕された者もいるので違法色が強いのですが、
買取型業者はまだ逮捕者が出ていないのでやや違法色が薄いです。

このようにカード現金化のやり方によって違法色に濃淡があるのは確かですが、
どのやりかたを使うにしてもホワイトでないことは確かなので、
違法性を気にするならカード現金化はやめておいたほうが無難でしょう。

「多額の債務で返済困難でも自己破産が出来ない」

OOK89_koregasyakuyousyoudesu20131223_TP_V

クレジットカードで現金化をした際に発生した債務の場合

債務整理などをして自己破産と考えてもクレジットカード現金化でショッピング枠を不正に利用した場合自己破産が出来ません。
10万円の買物で振込まれる金額は、70%前後です。
普通に考えてそんな事しかないです。

ローンでした場合にもクレジットカードのリボルビング払い(リボ払い)であっても結果的に残るのは、借金だけです。

「日本クレジット協会でも注意を呼び掛けています。」

クレジットカードには、商品やサービスを購入し、後払いにする「ショッピング」の機能と、お金を借り入れる「キャッシング」の機能があり、それぞれに利用できる金額が設定されています。
「クレジットカードショッピング枠の現金化」とは、本来、商品やサービスを後払いするために設定されている「ショッピング」の利用可能枠を換金する目的で利用することです。
クレジットカード会社はこれらの行為を認めていません。絶対行わないでください。

最近、インターネットや新聞・雑誌等で「クレジットカードのショッピング枠を現金化します」などという広告が掲載されていることがあります。

これらは、一部の業者が当座の資金に困ったカード利用者に、ショッピング枠を現金化するように勧誘するものです。

「換金目的でカードを利用することは、「クレジットカード会員規約」に違反する行為で、カードの利用ができなくなったり、結局は自分の債務を増やすことになります。また、犯罪や思わぬトラブルに巻き込まれるケースもあります。

消費者の皆様への注意

  1. クレジットカード会社は、換金を目的とするクレジットカードの利用を認めていません。このことは、クレジットカード会社とカード会員との約束事である「クレジットカード会員規約」に記載されています。このようなことは、規約違反として、「残金の一括請求」、「カードの利用停止」、「カードの強制退会」等のペナルティを受けることにもなります。

  2. クレジットカードのショッピング枠を現金化しても、カード利用した代金はクレジットカード会社に支払わなければなりません。その場でいくらかの現金を手に入れたとしても一時的にしのげるだけで、結局は自分の債務を増やすことになります。

  3. クレジットカードのショッピング枠を現金化する業者に提供したカード番号や個人情報等が悪用されてしまうことがあります。

  4. 場合によっては、利用者本人が犯罪に問われることやトラブルに巻き込まれることもあります。

 - 現金化ニュース